ホーム » ニュース

カテゴリー: ニュース

「戦闘者合宿」のご案内

日 時:9月23日(木・秋分の日)~26日(日)
場 所:むすびの里
指 導:稲川義貴
参加費:40,000円(食泊、食事、直会、露天風呂付)
申込締切:9月12日(日)

山中、夜間の行動もあります。
日本のために戦える方は、怪我等自己責任でどなたでも参加できます。

お申し込みはこちらのフォームに記入し送信してください。

おやじの執筆物を追加しました

「おやじ」ページの執筆物に、以下の記事を追加しました。

危機を突破する最強組織のつくり方  (令和3年6月「致知7月号」より)

日本の戦闘者13  (令和3年7月「ストライクアンドタクティカルマガジン」より)

日本の戦闘者12  (令和3年5月「ストライクアンドタクティカルマガジン」より)

至誠「時と所」  (平成25年7月「GLOBAL VISION」より)

至誠「礼」  (平成25年5月「GLOBAL VISION」より)

第4回大阪「憲法を起草する会」&「荒谷流武道稽古」終講と第5回のお知らせ

【第4回大阪「憲法を起草する会」終講】

勉強会の冒頭では、東京オリンピック開催のリスクに触れました。講義の内容は、後程動画で紹介します。
憲法を起草する会は、約30名で、日本の古典の中から日本の憲法に謳うにふさわしい文章を紹介しあい議論いたしました。
次回は、自分の直接かかわる職域の問題とその解決のため、そして国民全員が健やかに発展していけるような、憲法に謳うべき文言を考えてきてもらいます。

【第4回大阪「荒谷流武道稽古」終講】

午前の稽古は、自分の心身の中心を自覚し、相手の中心との呼吸や間合いを体感するための稽古をしました。
武学では、日本武士道の全人類的価値についてお話ししました。
午後の稽古では、組太刀をゆっくり時間をかけて反復稽古しました。

【第5回大阪「憲法を起草する会」と「荒谷流武道稽古」のお知らせ】

8月は、「むすびの里」の稲刈りのため休講とします。
第5回大阪「憲法を起草する会」は、
 9月11日(土)15:00~20:00 道頓堀ホテル
荒谷流武道稽古」は、
 9月12日(日)09:00~15:00 大阪住吉大社武道場
になります。どなたでも参加できます。
多くの皆さんの参加をお待ち申し上げます。

第4回大阪「憲法を起草する会」と「荒谷流武道室」のご案内

『第4回大阪「憲法を起草する会」』
日 時:7月24日(土)15:00~20:00
内 容:勉強会(講師荒谷)15:00~16:30
憲法を起草する会 17:00~19:00
夕食       19:00~20:00

『荒谷流武道教室』
日 時:7月25日(日)09:00~15:00
内 容:午前稽古 09:00~11:00
武学   11:00~12:00
午後稽古 13:00~15:00

日本文化伝道士1号生修学未了で終了についてのお知らせ

昨年9月、日本文化伝道士として入塾した佐藤康介君は、修学期間未了で終わりました。

本人曰く、「自分の田舎広島で稲作や神社の活動に奉仕したい。」という申し出があったので、本人の意思を尊重し塾生教育を途中で終了しました。
私から佐藤康介君に望むのは、言動を一致させ人の信頼を裏切らないこと。自立して生を全うできる仕事を見つけることです。

むすびの里の教育は体験を通じての学習なので、一番大事な稲作を教えてやりたかったのですが、それ以前のコースアウトとなりました。

家族型仲間の募集

「むすびの里」の活動は、この3年間でだいぶ基盤が固まってきました。
最近では、各種イベントに参加してくれる方が大変多くなり、また、荒谷流門人の数も増えております。
「むすびの里」の活動は、そろそろ本来の趣旨に基づき、グローバリストが目指すエリートによる管理社会ではなく、日本の伝統的共助共栄の自立した社会を営むために、国内外の同じ志を持つ個人・団体や 会社・NPO等とネットワークをつくる活動へと移行したいと思います。
そのためにも、むすびの里の基盤の安定化は重要な課題です。

そこで、むすびの活動の趣旨に賛同してくださる方で

・家族型仲間として厨房で食事を担当できる方

・PCネットワーク業務を担当できる方

を募集いたします。

むすびの里で、食住を共にできる仲間の応募を楽しみにしております。
お申し込みはこちらのページからご連絡いただくか、info@musubinosato.jpまでメールでお知らせください。