ホーム » おやじ

   おやじ

仲間達の代表

荒谷卓(あらやたかし) 職名は「おやじ」

《略歴》
昭和34年生  秋田県大館市出身
秋田県立鳳鳴高校卒業
昭和57年   東京理科大卒
陸上自衛隊に幹部候補生として入隊
平成21年9月~30年10月 明治神宮武道場至誠館館長
平成30年11月 三重県熊野市飛鳥町に「国際共生創成協会
熊野飛鳥むすびの里」設立

《自衛隊暦》
19普通科連隊(福岡)、第1空挺団、39普通科連隊(弘前)
陸上幕僚幹部、防衛局防衛政策課戦略研究室、研究本部
ドイツ連邦軍指揮大学及び米国特殊作戦学校に留学
特殊作戦群初代群長、平成20年退職(1等陸佐)

《著書》

・「自分を強くする動じない力」【三笠書房】
⇒ 内容の一部紹介はコチラをご覧ください

執筆物ご紹介   ※PDFファイルです。

日本の戦闘者4 (令和元年9月、「ストライクアンドタクティクスマガジン2019年11月号」より)
「米国に依存する日本政府」に依存する愚のスパイラル (平成24年8月、「月刊レコンキスタ第399号」より)
「建国記念の日」を祝う政府主催式典の行方 (平成28年3月、「月刊レコンキスタ第3442号」より)
私の写真館 (平成24年6月、「正論6月号」より)
武道の身体観に学ぶ (平成26年2月、「ラグビー科学研究25スクラム技術論序説」日本ラグビーフットボール協会より)
武士道と楠公精神について (平成30年1月、「湊川神社社報11号あゝ楠公さん」より)
戦慄!何も守れない、無防備日本の現実 (平成22年8月、「激論ムックvol27無防備国家・日本」より)
尖閣事件が日本人に突きつけるもの (平成22年12月、「激論ムックvol29侵略国家・中国の真実」より)
命令があれば拉致被害者は奪還できます (平成24年2月、「文芸春秋諸君2月臨時増刊号」より)
БУДО(武道) (2017より【ロシア語&日本語】)
Texte pour le séminaire au SDK Budo et CERN KTK Du 4 au 8 juin, 2014 Genève, Suisse (2014より【フランス語、英語&日本語】)
日本の戦闘者1 (令和元年3月、「ストライク・アンド・タクティカル・マガジン」より)
日本の戦闘者2 (令和元年5月、「ストライク・アンド・タクティカル・マガジン」より)
日本の戦闘者3 (令和元年7月、「ストライク・アンド・タクティカル・マガジン」より)
特殊作戦群と武士道1 (平成22年3月、「ストライク・アンド・タクティカル・マガジン」より)
特殊作戦群と武士道2 (平成22年5月、「ストライク・アンド・タクティカル・マガジン」より)
大日本は武道の国なり (平成23年9月、「伝統と革新5号」より)
武道の視点から領土問題を考える (平成25年1月、「伝統と革新10号」より)
中心と循環と産霊 (平成27年6月、「海外武道講習会教育資料」より)
よりよい世界を創造するために (平成27年9月、「王土会講演記事」より)
よりよい世界へと導く憲法を (平成28年11月、「伝統と革新25号」より)
アルジェリア人質事件の教訓 (平成25年10月、「ディフェンス51」号より)
集団的自衛権で何をめざすのか (平成25年11月、「レコンキスタ」より)
日本復活は靖国の神々の心から (平成23年3月、「靖国」より)
世界思想としての国体論と世界皇化 (平成26年9月、「明治聖徳記念学会紀要51号」より)
三島は「自決」によって日本人の覚醒を期待した (平成25年12月、「別冊歴史探訪武人蘇る三島由紀夫」より)

◯日本会議兵庫女性の会 第11回教育講演会

◯サムライ精神の今日的意義【メキキユニバーシティ武道編】

◯荒谷卓が語る、産霊(むすひ)の文化<前編>【CGS 荒谷卓 特別編-1】

◯荒谷卓が語る、産霊(むすひ)の文化<後編>【CGS 荒谷卓 特別編-2】