ホーム » ブログ » ニュース » おやじ

カテゴリー: おやじ

むすびの里講習会「神武建国の意義と橿原神宮参拝」終講

2月9日~11日、「むすびの里」及び橿原で開催した「むすびの里講習会『神武建国の意義と橿原神宮参拝』」は終講しました。
福岡から参加していただいた床嶋君、徳島から参加の竿本さん、東京から参加の山田君、神戸から参加の山田さん藤波さん、大阪から参加の吉田さん三木さん、ありがとうございました。
共に、日本の建国について語り合えて充実した時間を過ごせました。

講座の様子

また、建国記念日には、畝傍山の神武天皇御陵と橿原神宮に参拝しました。
今、私たちが、日本国民として睦会えるのは、神武天皇の橿原での大和建国があったからです。
神武建国がなければ、いったいどうなっていたでしょうか。

心から、神武天皇の偉業に感謝し恩に報いたく祈りを奏上してまいりました。
神武建国の御恩に対し、私たちにできることは、

八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と為(せ)むこと亦よからずや
謹解:天の下に人々が共に生きる一つの家のような国家を力を合わせて作りましょう

という神武天皇建国の思いを、わが心として、その実現に日々力を尽くすことだと思います。

神武天皇御陵にて

高橋政恵さんには、プロジェクターをお貸しいただき、大変助かりました。ありがとうございました。

裏山を散策

「むすびの里」武道教室

3月から、「むすびの里」武道場で、武道教室を始めます。

添付をご参照いただき、ぜひ多くの方に参加していただきたいと思います。

チラシのpdfのリンクはコチラ

また、3月3日(日)に記念演武と武道講習会を行いますので、ご興味のある方は是非お越しください。

詳細は以下をご覧ください。
韴霊(ふつのみたま)道場改修完了と演武会、武道講習会の案内

よろしくお願い致します。

「サムライ精神を復活せよ! 宇宙の屋根の下に共に生きる社会を創る」本日発売!

「サムライ精神を復活せよ! 宇宙の屋根の下に共に生きる社会を創る」 荒谷卓 並木書房

本日発売となりました。

できれば地域の書店で購入いただきたいですが、取り急ぎ、楽天ブックスとamazonのリンクは以下になります。

むすびの里講習会:春の神話と歴史の勉強会「テーマ:みことのり」

御歴代天皇の詔勅(みことのり)を勉強すれば、日本の歴史、文化、伝統が分かります。

期日:3月21日(木)~24日(日)
場所:むすびの里
内容:21日は、14:00集合。むすびの里の案内、飛鳥神社参拝、ガイダンス そして懇親会。
22日は、午前09:00~11:00、午後1400~1600、荒谷講演「ご歴代天皇の詔(みことのり)」 夕:懇親会
23日は、熊野研修:午前「熊野古道の語り部:三石学さんが案内します」、午後:花の窟、獅子岩、鬼が城等世界遺産の研修 夕:懇親会
24日朝、禊行(希望者) 掃除 09:00 むすびの里で解散
講習料:20,000円(滞在費含む)
申込:予約フォーム https://goo.gl/forms/orpDXICgwKCyeHN92
※お申込みは講習料の入金を以って受付完了と致します。予めご了承ください。
締切:3月10日(日)

以下、荒谷の新本「サムライ精神を復活せよ」から抜粋

神への集団の祈りを「祝詞(のりと)」といいます。明治の御世に、西洋から国家的強制力の裏づけを付帯する法概念が採り入れられ、憲法が施工される以前は、「延喜式」のような慣習が「のり」でした。日本では法規にあたる「憲」「法」「典、「規」「則」「律」「範」はすべて「のり」と呼びます。
日本では、人々の神への祈り(意を宣る)は、そのままその人々にとって神への宣誓であり、法だったのです。
これは、現代の法概念とまったく異なります。他から強要される法ではなく、自分たちの祈りが法なのです。これほど自由なことがあるでしょうか。これに比べて、国民の知らないうちに国会で成立した現憲法と、いつ国会で成立し施行されたかもわからない法律に縛られている現代が自由だといえるのでしょうか。

日本の神々は、宗教の神様のように皆さんに命令や指図はしません。ただただ、皆さんの祈りを「きこしめし」(聞くの崇敬語)、「みそなわし」(見るの崇敬語)、「しろしめす」(知るの崇敬語)だけの完全受容の神様です。
天皇陛下は、神々のように、「民の願いや実情を知る」というお役を天照大神から授かりました。ですから、ご歴代天皇は、民の心(祈り)を知り、民の総意に沿って安らかに睦まじく暮らせるように神を祀る御存在です。
その天皇が、時の為政者に示すのが詔勅(みことのり)です。つまり、「みことのり」とは、天皇陛下が、その時々の民の祈りを為政者に命じる言葉です。

図書館・研修室「士卒復覚塾」完成

「むすびの里」での、修学や講習会で使用する図書館兼研修室「士卒復覚塾」の壁の全面塗り替えと床の改修が終わりました。

壁は、水戸の株式会社「根子左」社長根子清さんの薦めてくれた自然素材漆喰系珪藻土「エコ・クイィーン」を地元のベテラン左官の平谷さんが塗ってくれました。
それまで、湿気で黴臭く本も弱ってしまうほどの部屋が、匂いも湿気もない快適な部屋になりました。
本当に素晴らしい効果です。根子さん、平良谷さん、ありがとうございました。

さて、「士卒復覚塾」の名前は、古事記の神武天皇東征のお話に由来します。
『神武天皇と皇軍が熊野に上陸し大和へ向かう途中、熊野の神様の気に中てられて気を失ってしまった時、天照大神と高木神の命令で建御雷神(タケミカヅチノカミ)の刀(フツノミタマ)を高倉下(タカクラジ)に高天原から降ろし、神武天皇のもとへ持って行かせた。すると、神武天皇は目を覚まし、皇軍士卒も再び目覚めた。』というお話です。
今の日本は、日本人が日本人であることを忘れかけたがために、国内外の毒気に中てられ、日本人としての問題の解決策を見失った状態のように見えます。
現代の諸々の問題を解決するためには、毒気を含んだ理屈に振り回されることなく、日本人が日本人として目覚めることこそが必要なのだと思います。

そのような思いで、「むすびの里」の学びの場を「士卒復覚塾」としました。
私は、「むすびの里」を、先に修理を終えた「韴霊(ふつのみたま)道場」で心身を錬磨し、「士卒復覚塾」で知能を啓発し、日本を救済し世界を平和へと導く人間育成の場としたく思います。

花の窟神社例大祭・お綱掛け神事

本日、世界遺産「花の窟神社例大祭」に参列し「お綱掛け神事」に、むすびの里滞在中の仲間、新井さん一家、星さん、菅さん、熊田君等と9名で参加させていただきました。

花の窟神社は、日本書記に「一書曰 伊弉冉尊(いざなみのみこと)火神を生み給う時に灼(や)かれて神退去(さり)ましぬ 故(か)れ紀伊国 熊野の有馬村に葬(かく)しまつる 土俗(くにびと)此神の魂(みたま)を祭るには 花の時に花を以って祭る 又鼓 吹幡旗(つづみふえはた)を用て歌い舞いて祭る」とあり、イザナミノミコトの御陵で日本最古の神社として祀られています。

お綱掛け神事は、日本一長いともいわれている長さ約170メートルの大綱を岩窟上45メートル程の高さの御神体から境内南隅の松の御神木にわたす、太古の昔から行われている神事です。

本当に素晴らしい体験をさせていただきました。
ありがとうございます。

次回の「花の窟神社例大祭・お綱掛け神事」は、10月2日です。
皆さん一緒に参加しましょう。

講演会:「日本を知ろう」

開催間近ですが、おやじ荒谷の講演会のお知らせです。

◇講師:荒谷卓 国際共生創成協会「熊野飛鳥むすびの里」代表
◇日時:2月11日(月・祝日)14:00~16:00
◇場所:橿原市立かしはら万葉ホール
・奈良県橿原市小房町11番5号
・近鉄「畝傍御陵前駅」から徒歩約15分
・駐車場もあり
◇会費:2000円
◇講話内容:講話「日本を知ろう」その1「日本の起源」
「日本を知ろう」その2「サムライ精神」
◇ご参加の締切:2月5日(火)までに、主催者:吉本polepole204@kcn.jpまで

続く、懇親会のお知らせ

◇日時:(講演会後)17:00~19:00
◇場所:ほうらんや(橿原市立かしはら万葉ホールの5階)
・橿原市小房町11番5号
※講話と同じビル内で行ないます。講師や参加者の方々との交流を深めてください。なお、参加者数は講師との交流がしやすい席の配置から30名までにいたします。

◇会費:4500円
◇参加者数:30名まで

よろしくお願い致します。

以上

むすびの里講習会「神武建国の意義と橿原神宮参拝」

締め切り(2月1日)が近づいてきました。
是非多くに皆さんに参加してもらいたく、最終案内を致します。

日程:2月9日(土) 14:00~2月11日(月)12:00
9日(熊野飛鳥むすびの里集合)、11日(橿原神宮解散)
※熊野駅までの送迎あり。
※11日橿原神宮解散後に熊野まで戻りたい方はお送りいたします。
内容: 9日14:00~16:00 ガイダンス、むすびの里案内、飛鳥神社参拝

16:00~17:00 神武東征の講義
18:00~ 懇親会
10日09:00~12:00 神武建国の講義
14:00~17:00 天皇と国民についての講義
11日08:00~12:00 橿原神宮参拝、神武天皇御陵参拝
お申込みや詳細は、以下のブログをご覧ください。
むすびの里講習会:「神武建国の意義」講義と、「橿原神宮参拝」

以下、荒谷卓の新本「サムライ精神を復活せよ」から

【日本 建 国 の 理 念 と 継 承】

伝統文化の起源─神武天皇の建国宣言

日本において、共助社会と共生文化はどのように育まれてきたのでしょうか。
日本神話にある、神武建国の物語を見てみましょう。
初代神武天皇が奈良の橿原(かしはら)に都を開くにあたり、人々が睦まじく和する社会を理想として、その国の名を「大和」としました。
その時の神武天皇の国民への呼びかけは、「橿原建都の詔」として『日本書紀』に記されています。

夫(そ)れ大人(ひじり)の制(のり)を立つ
義(ことわり)必ず時に随(したが)ふ
いやしくも民(おおみたから)に利(くぼさ)有らば
何ぞ聖造(ひじりのわざ)に妨(たが)わむ
且(また)まさに山林を披き払い(ひらきはらい)
宮室(おおみや)を経営(おさめつくり)て
恭(つつし)みて寶位(たかみくらい)に臨み
以て元元(おおみたから)を鎮(しず)むべし
上は即ち乾霊(あまつかみ)の國を授けたまう徳(うつくしび)に答え
下は即ち皇孫(すめみま)の正(ただしき)を養ひたまえふ心を弘めむ
然して後に六合(くにのうち)を兼ねて以て都を開き
八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と為(せ)むこと
亦(また)よからずや
夫(かの)の畝傍山(うねびやま)の東南(たつみのすみ)
橿原の地を観れば蓋(けだ)し國のもななか
治(みやこつく)るべし

「夫れ大人の制を立つ義必ず時に随ふ」とは「人が定める社会の制度や法は、地域風土や自然気象、そして時々の人々の実情に鑑みたものでなくてはならない」ということです。社会の規範や制度が、支配者の自己本位の意志を強要するものであったり、特定の思想を法の強制力をもって強制してはならないのです。
すでに述べたとおり、「のり」は、「祈り=意を宣る」からきており、集団で祈りを唱える「祝詞」が、「のり(法)」でした。つまり、日本人の法概念は上からの強制ではなく、人々の合意された意思が「のり(法)」なのです。そして、人々の思いを「しろしめす」天皇が宣(のべ)るお言葉、すなわち「みことのり」こそが日本人にとっての最高法規です。
そしてまた、人間は自然の一部であって、自然の摂理の中で子々孫々にわたり生成を繰り返しています。したがって人間社会の制度や法も、自然の摂理に従うことが正しいとする『古事記』冒頭の考えを反映しています。
自然の摂理とは、日本神話の中では、宇宙創元の天御中主之神、高皇産霊神、神産霊神の造化三神をはじめとする神々の御心の継承です。
人が定めた制度や法を普遍的、絶対的なものとすると自然の摂理に反するおそれがあります。だから人間は、自然に対して謙虚さを忘れず、自然の中の分をわきまえなくてはならない、ということです。
では、何をもって正しいことの基準とするかといえば、「民に利有らば、何ぞ聖造に妨わむ」と記しています。つまり「民が幸福であれば、それは神の意(自然の摂理)に沿うものだ」と言っています。もちろんこの場合の「民」とは集団としての民「在所共同体」です。民を「おおみたから(大御宝)」と大和言葉で読むことで、いかに民を大事にしているかがわかります。日本の建国の目的は「国民を幸せにすること」です。
「恭みて寶位に臨み以て元元を鎮むべし」は、民が安心して心を静めて暮らせるように、天皇の御位に臨まれることの御自らの決意と御責務を述べています。
「上は即ち乾霊の國を授けたまう徳に答え」は「天皇は天津神から命じられた民を幸福にするという御責務を果たす」ということです。これは、大変な重責を自らに負わせたわけです。国家の長たる天皇は、国民の幸福の全責任を負うことを神にお誓いになったわけです。ですから、ご歴代の天皇は、国民が不幸になるようなことがあれば、それが天皇の大御心に反した、時の権力者によるものだとしても、さらには地震や津波などの自然災害のよるものだとしても、すべてが自分の責任であるとして御自らを責め、全身全霊で国民の幸福を回復するためのご努力なさいました。
「下は即ち皇孫の正を養ひたまえふ心を弘めむ」は「国民は、天皇の心と一つにして、君民一体となって徳を実践しよう」ということでしょう。
天皇陛下がいくら模範を示しても、下々がその模範を見習わなければ、社会はよくなりません。国民がいかに伝統文化を体現して共助的に生きようとしても、国や社会のリーダーが利己的で実益主義では、やはり社会はよくなりません。上下の者の努力があってこそ、社会はよい方向へと向かいます。君民一体の日本の国柄は、天皇と国民が心を一つに共生共助の努力を怠らないことに意義があるのです。
「然して後に六合を兼ねて以て都を開き八紘を掩ひて宇と為むこと亦よからずや」は「そのように天皇と国民が共に努力することで、国全体を一つの家(家族)のような社会として創り為そうではないか」と国民に呼びかけ、大和の国の中心の橿原に都を開こうというのが、神武天皇の建国宣言です。
国民の幸福を祈る天皇に国民が心を寄せ、天皇を中心に国民が心の絆で一体となり、国民の幸福を国民の力で作り為していく共生共助共栄の社会です。この神武天皇の建国宣言が、私たち日本人が育んできた和の伝統文化の起源です。

韴霊(ふつのみたま)道場改修完了と演武会、武道講習会の案内

【韴霊(ふつのみたま)道場改修完了】

むすびの里の武道場「韴霊(ふつのみたま)道場」の改修工事が終わりました。
いつも、薪ストーブの燃料となる木材をいただいている野地木材工業さんの武道場用杉板用材を使って、床と内壁を改修しました。
工事は、地元の棟梁畑井さんチーム。工期中には、手作りの漬物や熊野名産さんまずし、獲れたての猪肉など頂きました。
古い廃材の処分は、むすびの里滞在中の仲間達が、切ったり燃やしたりして手伝ってくれました。
経費の一部は、自衛官の仲間たちのカンパで支えられています。
皆さんのおかげで、本当に清々しい武道場に生まれ変わりました。
ありがとうございます!

つきましては、武道場改修を祝い、演武会と特別稽古を開催します。

【むすびの里「韴霊(ふつのみたま)道場」改修記念演武会及び武道講習会】

日時:3月3日10:00~12:00
場所:熊野飛鳥むすびの里武道場(韴霊道場)
演武:むすびの里代表荒谷卓と弟子による演武
講習:荒谷卓による武道講習
申込:不要

どなたでも見学、参加、体験できます。無料です。
お問い合わせは、熊野飛鳥むすびの里まで。