ホーム » ニュース » 勉強会

カテゴリー: 勉強会

日本の歴史と神話の勉強会

※ 6/21 定員まであと5名です。

以下の日程と内容で「むすびの里日本文化講習会」を開催します。

1 日時と内容
7月13日(土)
14:00 「熊野飛鳥むすびの里」集合
*JRまたはバスで熊野市駅までお出でになる方は送迎いたします。
14:00~15:00 ガイダンス
15:00~17:00 講義「産霊(ムスヒ)」
18:00~21:00 懇親会
7月14日(日)
09:00~10:30 講義「直霊(ナホヒ)と禍津霊(マガツヒ)」
10:30~12:00 講義「修理固成(シュリコセイ)」
13:00~17:00 熊野文化研修「神話にまつわる史跡や熊野古道の研修」
17:00~18:00 禊の講習
18:00~20:00 懇親会
7月15日(祝)
06:00~07:30 禊行
09:00~10:00 座談会
10:00~11:00 清掃奉仕
11:00 むすびの里で解散
*JRまたはバスで熊野市駅までお出でになる方は送迎いたします。

2 参加費
講習費(宿泊&食事込み) 20,000円/1人
*熊野市在住の方・宿泊不要の方は 10,000円/1人

3 募集人数と締め切り
募集人数 20名
締め切り 7月7日(日)

4 申し込み
こちらのフォームからお申込みください。
お申込み受付は参加費の入金をもって完了と致します。
下記口座まで参加費の振込をお願い致します。
銀行名:百五銀行
支店名:熊野支店(店番908)
口座種類:普通預金
口座番号:440772
口座名義:国際共生創成協会むすびの里代表荒谷卓
(こくさいきょうせいそうせいきょうかい むすびのさと だいひょう あらやたかし)

第4回むすびの里勉強会終了

地元の人を中心に、東北、関東、関西各方面から30名を超える参加者の中
むすびの里代表の荒谷卓が「日本の防衛」について

1 守るべき日本とは
2 戦後日本の防衛政策の歴史と現状-自衛隊創設から現在まで
3 何から何を守るのか

という流れで、プレゼンテーションしました。

プレゼンテーションは、仲間の皆様が全編ご覧になれるように動画を準備いたします。
是非、ご覧ください。

勉強会後の懇親会も、飛鳥猟友会会長の桒原さんがその日に仕留めた鹿と猪料理で大盛況でした。

第7回「むすびの里定例勉強会」のお知らせ

【第7回「むすびの里定例勉強会」】
日 時:令和元年9月7日(土)17:00~19:00
場 所:熊野飛鳥むすびの里
講 師:松尾雄治さん
テーマ:金融について
懇親会:同日19:00~21:00
会 費:2,500円(当日支払い)
宿泊希望の方は、プラス1,000円で宿泊できます。

お申込みはこちらからお手続きください。

第6回「むすびの里定例勉強会」のお知らせ

※7/21追記 講師とテーマを追加しました。

【第6回「むすびの里定例勉強会」】
日 時:令和元年8月3日(土)17:00~19:00
場 所:熊野飛鳥むすびの里
講 師:久保智さん(熊野市議会議員)
テーマ:地方行政について
懇親会:同日19:00~21:00
会 費:2,500円(当日支払い)
宿泊希望の方は、プラス1,000円で、宿泊&朝ご飯を準備します。

お申込みはこちらからお手続きください。

第5回「むすびの里定例勉強会」のお知らせ

※ 6/20 講師とテーマを追加しました。

【第5回「むすびの里定例勉強会」】
日 時:令和元年7月6日17:00~19:00
場 所:熊野飛鳥むすびの里
懇親会:同日19:00~21:00
会 費:2,500円(当日支払い)
講 師:野地伸卓さん(野地木材工業株式会社)
テーマ:日本の林業
宿泊希望の方は、プラス1,000円で、宿泊&朝ご飯を準備します。

お申込みはこちらからお手続きください。

第4回「むすびの里定例勉強会」のお知らせ

5月11日(土)、第3回「むすびの里定例勉強会」を開催しました。
今回は、熊野市議会議員の久保智さんに「日本の漁業」というテーマでお話しいただきました。

その中で、昨年12月、国会で可決成立した「漁業法の改正」について、その問題点を説明されました。
いわゆる、漁業のグローバル化による伝統漁業の破壊と市場化です。

昨年、「漁業法の改正」と合わせて「水道法の改正」「種子法の改正」が極めて短い議論で可決成立しました。
日本国土の水資源、稲作をはじめとする農業、そして漁業という、日本の文化を支える支柱をすべて破壊することになる極めて重大なる決議でした。
にもかかわらず、国民の目を背けるためにメディアはスキャンダル報道で隠蔽し、米国と国際市場の要求を政府は推し進めたのです。

このような売国的行為を推し進める政府に対し、日本国民は羊のような沈黙状態です。
私たちの祖先の努力を投げ捨て、子孫の未来を奪い取ることを黙認しているのが現状です。

むすびの里定例勉強会では、このような世界や日本の現状の問題点を専門家の意見を聞きながら共有し、いかに豊かな未来を創るかについて考えてまいります。

次回のむすびの里定例勉強会は、以下のように開催いたします。
是非、ご参加ください。

 

【第4回「むすびの里定例勉強会」】

日 時:令和元年6月1日17:00~19:00
場 所:熊野飛鳥むすびの里
テーマ:日本の防衛
講 師:荒谷卓

懇親会:同日19:00~21:00
会 費:2,500円(当日支払い)
宿泊希望の方は、プラス1,000円で、宿泊&朝ご飯を準備します。

お申込みはこちらからお手続きください。

第2回むすびの里勉強会終了

第2回目のむすびの里勉強会は、「年金運用の実態」というテーマで実際に年金を運用しているトレーダーの方からお話を伺いました。
そして、アベノミクス以降、日本取引所、日本銀行、年金積立金管理運用独立行政法人、日本政府を挙げて、日本国民の資産が加速的に市場に吸い上げられている現状を確認しました。

大規模震災が、近々起こるであろうことはほとんどの国民が認識して対処準備を取っていますが、金融の大規模人災も近々起きるであろうことを認識している国民は少ないようです。
マネーに依存しているすべての仕組みが崩壊することを前提に、私たちは未来の準備をしなくてはいけません。
それは決して悲壮な覚悟ではなく、正しい人類の生き方を取り戻す絶好の機会です。

為替も金融証券も一切無価値になり、利息は異常なまでに跳ね上がっても、生きていける仕組みを今から準備するべきです。
それは、本来人間がそうしてきた「自立して生きていける共同体」の確立です。

特に日本は、そうした共生共同体を長い歴史の中で文化として育んできました。
私たちは、日本の共生文化をもとに、間もなく終わる「マネーによる支配」の先の社会づくりを進めていきたいと思います。

4月6日むすびの里勉強会の内容について

4月6日17:00~19:00に、第2回むすびの里勉強会を開催します。

第2回むすびの里勉強会

今回の内容は、以下のとおりです。

1.年金運用の実態について

実際に年金運用を担当しているトレーダーの方による、現在の年金運用のお話です。1/1,000,000秒に1回、1銭単位の金融取引を行う高頻度取引の話など、現在の金融市場の驚きの実態や、その市場に巻き込まれている年金運用について解説します。

2.戦後日本の防衛政策について

おやじ(荒谷)が自身の実務経験をベースに、戦後日本の防衛政策について解説します。

当日参加も可能ですが、懇親会の準備が必要なので、できれば申し込みをお願いいたします。

こちらのフォームよりお申込みできます。

参加募集:第3回むすびの里勉強会

「第3回むすびの里勉強会」を、以下のように開催します。

日時:令和元年5月11日(土)17:00勉強会 19:00懇親会
場所:むすびの里
懇親会費:2,500円
申込こちらのフォームに入力してください。

次回は、熊野市議会議員の久保智さんより、「日本の水産業」についてお話をしていただきます。
どなたでも参加できますので、どうぞ奮ってお申込みください。

遠くからおいでの方は、熊野市駅までお迎えに行きますし、むすびの里で宿泊もできます。
申し込みの時にお知らせください。

参加募集:第2回むすびの里勉強会

3月2日、「第1回むすびの里勉強会及び懇親会」を開催しました。
地元の方達はもちろん、関東・関西・信州さらには海外からも参加してもらいました。ありがとうございました。

「第2回むすびの里勉強会」は、以下のように開催します。

日時:4月6日(土)17:00勉強会 19:00懇親会
場所:むすびの里
懇親会費:2,500円
申込こちらのフォームに入力してください。

テーマは、政治、経済・金融、医療、芸術、防衛・安全保障、地域活性化、文化・伝統、神話等広範囲に及びます。
どなたでも参加できます。

どうぞ、奮ってご参加ください。
遠くからおいでの方は、むすびの里で宿泊もできます。
申し込みの時にお知らせください。