ホーム » ニュース » 日々

カテゴリー: 日々

日々の生活雑記

熊野飛鳥むすびの里の今

3月になります。
今年はあたたかい冬でした。今はちょうど三寒四温の時期。
昼は20度まで暖かくなったかと思えば、朝方はマイナス1度まで下がります。
霜にあたった白菜やキャベツは甘さが増しておいしいです。
大根やブロッコリーも食べごろです。
雨が降れば椎茸が出てきます。
フキノトウはもう3回天ぷらにして食べました。

農閑期は家の修理や小屋を建てたり。
ここしばらく屋根のペンキ塗りと、屋根の軒下の板の張替えをしていました。

もう直春。百姓仕事が始まります。

今年の干支「龍」にちなんで

今年の干支「龍」にちなんで、昨年末、宮崎県高千穂で参拝した「八大龍王水神神社」の写真、槵觸神社境内「天真名井」に映った龍の写真、そして、本年正月に参拝した「熊野三山那智大社別社飛瀧神社御瀧」と「白竜大神が鎮座する熊野大馬神社御神体清瀧」の写真です。

正月飾り

今年も年の瀬を迎え、年越しの準備を整えました。
本郷の長老花尻さんから教えていただいた通り、榊を柱に黒松、くろもじ、ゆずりは、うらじろで門飾り。
各建物の玄関には注連縄。
後は31日(大安)に鏡餅を飾って新年を迎えます。

小水力発電4

取水点から600m水を引いて、息を飲む電通の瞬間。遂にライトが灯りました!
小さな沢の水の力だけでの初めての発電に成功!
早速、夜の稽古道、暗夜に一燈が灯り、実用化しております。
今後はさらに改良を重ねて自立自存力を高めてまいります。