ホーム » ニュース » 仲間紹介

カテゴリー: 仲間紹介

【仲間の紹介】賀来宏和さん

花や緑の企画などの仕事をしておりましたが、寄る年波、現在は後進に道を譲り、仕事は現役の業務助言などです。
現在は、鎮守の杜を対象としたNPO法人社叢学会の理事などを致しております。
延喜式内社等の古社を中心に全国の鎮守の杜を五千社超回って参りました。
中山間地などの過疎化が進み、千年以上、場所によっては数千年来の人々の営みと祈りの場が、近年の数十年で失われつつあることに危惧しております。
参拝録はフェイスブックページ「鎮守の杜」で発信をしております。
また、古来から花や緑に神性を感じて参りましたが、江戸期には当時の世界でも最高水準と言われる園芸文化が花開いています。
この日本人の価値観や美意識によって世界でも特有の園芸文化が生まれたことについてその保存継承を含めて、研究や講演などをしております。
市街地開発が進む流山ですが、ほんのささやかな農地をお借りして、「日之大神之米具美延弓許曾(ひのおほかみのめぐみえてこそ)」企画と称して、季節の作物を作り、収穫物を神棚に捧げて自然の恵みに感謝をするとともに、市内に残された森の管理についての作業奉仕をしております。
居住している千葉県流山で江戸後期に交誼を結んだ小林一茶と地元の醸造家秋元双樹の御縁で、少しばかり俳句をやっております。俳号は「邊庭」です。
画像は、森の奉仕作業中の写真です。

【仲間の紹介】小路晃さん

世界一強い男になりたい! 夢だった総合格闘家になり『PRIDE』をはじめとした、国内のみならず、海外のリングを目指したプロの喧嘩屋としての人生。
それは重圧との戦い。ケガとの戦い。文化や言語、差別との戦いなど多岐にわたるものでした。そんな状況下にあっても夢を諦めることなく、自分の信念を貫き、 絶体絶命の困難に立ち向かった精神力。
支えてくれた人と人とをつなぐ友情、絆、愛。これらの経験はラーメン店主となり経営者となった今でも様々なシーンで発揮されています。
新型コロナウイルスによる市場の縮小、先行きに出口の見えない不安を抱える経営者、経営幹部の皆様に、「何がなんでも成し遂げたい」。
命を投げ打ってでも実現したい気も狂わんばかりの情熱を引き出します。
あなたが燃えられる、あなた自身の「志」は何ですか?

プロフィール
1974年富山県生まれ。幼少の頃に柔道を始め、学生時代に全日本学生選手権上位入賞果たす。「世界一強い男になりたい!」という想いから、総合格闘技の世界に飛び込み、伝説の総合格闘技のイベント「PRIDE」で全出場選手最多の23回の出場を果たす。「ミスタープライド」「最後の日本男児」の愛称で、空前の格闘技ブームの中心的な存在として活躍。
2011年に現役を引退。
生まれ故郷の富山に戻り、第二の人生としてラーメン店をオープン。
現在は富山駅前に3号店をオープン。「富山ラーメンフェスタ」優勝、「Jリーグスタジアムグルメ」グランプリ受賞、東京ラーメンショー出店等。
あわせて講演活動や総合格闘家の後進の指導にも力を注いでいる。現役時代の「世界一強い男になりたい!」から、現在は「世界一強い男を育てたい!」と熱い想いで奮闘中。

【仲間の紹介】奥山孝子さん

福島県郡山市に昭和30年7月30日生まれる。田母神さんと同郷ですが面識はありません。
学歴:福島県立安積女子高校・日本赤十字武蔵野女子短期大学・東京医療専門学校。
職歴:レンゴウ株式会社郡山工場総務課庶務係。段ボールの創始会社。
大学進学の学費を作るためにお世話になりました。社員教育に力を入れている素晴らしい会社です。本社は大阪でした。
武蔵野赤十字病院・足利赤十字病院
日本赤十字社幹部看護師研修所に行かせてもらいました。自衛隊との訓練も経験しました。恵まれた境遇でしたが、熟考して、東洋医療の専門学校に進学しました。
鍼灸院自営。
宿泊型の鍼灸院で、福島県本宮市松沢字弥五郎内22。江戸時代の古民家。自然豊かで、人々が観音様のように慈悲深いところです。
医療福祉法人星総合病院
理事長は 星北斗氏。3代目。先祖は御霊櫃峠で修行。福島県の医療のリーダー。教育に力を尽くしています。政治の世界に入っていかれるようです。その志は何でしょうか。打てば響く方です。
震災原子力災害後、復興推進活動に参加したいと思い移住。
高野病院
看護協会の社員になり、仮設住宅の安否確認まわり。他。
令和3年1月1日、奥山はりきゅう施術室を開業しました。
令和4年2月8日、合同会社おおみたから社中を登記しました。

私の志
当初は、イノベーションを引き起こす使命のある人が、その能力を24時間・365日、120%の力を出し切って、日本を救うことができるように、鍼灸で心身の調子をよくして頑張ってもらうことでした。
現在は、違います。これは急に変わりました。

荒谷先生の動画には、目を洗わせていただきました。
会社名を「おおみたから」にしました。全員が頑張る方向です。ですから、仕事の内容も「おおみたから」が頑張るために必要なことは何でもするというものです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

【仲間の紹介】深尾和正さん

東京都千代田区出身。埼玉県川口在住。
画家、バーテンダー、ビリヤードインストラクター、外資系貿易企業を経て、10年間IT企業にて人工知能(AI)事業に関わりました。技術革新による利便性と精神的な幸福度の相関関係に興味を持ち始め、選択理論心理学を学び心理士試験に合格。その後、心理学では扱えない領域への探求を求め、数年間の霊性修行(陰陽師の元で修行、タイでの出家)を経て帰国し、社団法人を立ち上げ「生きる目的、魂の成長」に焦点を当てた研修プログラムを開発、トレーナーとして活動しました。現在は活動を収束し、ベンチャー企業に籍を置きマーケティング業務に携わりながら、選択理論心理士として職場、家庭における良質な人間関係を作るため「リードマネージメントセミナー」や「夫婦セミナー」を企画主催しています。

私の興味関心の対象は人生における選択の質の向上、そのための動機づけです。
20才過ぎから自ら命を断つ選択をされた方が周りに多く、必然的に「生きる目的」が自らが追うテーマとなっていきました。このテーマを問い続けた結果「死ぬ目的」に焦点が移り始め、自然な流れで探求の道に入ることとなりました。

むすびの里とのご縁は、荒谷先生の元で合気道を学び続けてきた父、深尾富明からの紹介でいただきました。みなさんからの新しい刺激を受けながら、自然な流れに身を任せゴールのない探求を続けていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

・日本選択理論心理学会 正会員(JACTP)
・認定NPO法人日本リアリティセラピー協会会員(WGIJ)
・ウィリアムグラッサー国際協会 国際会員
・結婚カウンセリング「プリペアー・エンリッチ」ファシリテーター
・メンタルウェルネストレーニング(MWT)指導者2級資格者

【仲間の紹介】深尾真奈美さん

『深尾真奈美』さん

埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。
証券会社、カナダ、韓国留学、日本語教師を経て、2000 年より韓国系旅行会社へ。
そして2007年にアジア専門旅行会社「にこまるツアー」を立ち上げ、ビジネス、スポーツ、文化交流の旅を通して、日本とアジアを繋いでいます。
またプライベートでは、選択理論心理士として、職場、家庭における良質な人間関係を作るため、「リードマネージメントセミナー」や「夫婦セミナー」を開催しています。
コロナをきっかけに、自分の生き方を改めて見直したいと思うようになりました。
『自給自足』の生き方にも興味を持っております。
ぜひ皆さんともっと深いお話をしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。