ホーム » アーカイブ: 2020

年: 2020年

【仲間の紹介】延末尚子さん

『延末尚子』さん

大阪市在住。福祉関係(高齢者介護)に従事する中で、いろんな矛盾(行き過ぎた医療や福祉が、心身の不健康を招き、地域社会からの孤立を助長させているのでは…と)感じながら、仕事をしています。

頭の中でこだまする「原点回帰」という言葉が、私をここに導いてくれました。おやじさんを始め、ここに集うたくさんの方々から色んな事を学び、やりたかったことを思い出し、未来を築ける共同体の一部になれたらと思います。
よろしくお願い致します。

【仲間の紹介】安藤尚子さん

『安藤尚子』さん

愛知県在住の「安藤尚子」と申します。
夫と子供4人の6人家族です。2017年までフィリピンに住んでおりました。帰国後、会社役員の傍ら、戦没者遺骨収集事業のお手伝いをしております。
海外生活の中で、日本の良さを沢山気づかされました。先人からの遺産である、日本人らしさや日本の風土を未来に託せるよう、微力ながら邁進していきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

【仲間の紹介】山下裕子さん

『山下裕子』さん

以前は名古屋でメンタルヘルスセミナーや心理カウンセラーとして活動していましたが、「本当の自分との出会い」をテーマに暮らす中で「蘇りの地・熊野本宮」にご縁をいただき16年になります。2年前に日本の昔ながらの生活監修「みくさのみたから」と出会ってからは、日本中、時に海外へもみたからを伝える旅を楽しんでいます。そんな折「むすびの里」には直感で出向きました。やはり力を合わせて夢を実現できる場だといのちワクワクしています。世の中みんなあらゆる人が天職を晴れやかにここちよく暮らしていることを日ごと想い描いています。どうぞよろしくお願いします。

【稲穂の花咲く】

飛鳥の花尻さんや桑原さん、そして仲間の皆さんの力添えで今年は7反分の田んぼに挑戦。
今日、田植えから2か月半で「あきたこまち」の稲穂の花が咲きました!

飛鳥神社に初穂を奉納できるように、これから稲刈り迄大事に育ててまいります。

【第17回むすびの里勉強会と荒谷流武道教室の開催について】

「第17回むすびの里勉強会」は、西村慎吾さんを講師にお迎えして開催します。
西村慎吾さんは、平成9年2月の衆議院予算委員会で、北朝鮮による日本人拉致問題を追及し、政府が隠していたこの問題を公にしました。
それ以外にも、個人の利権や党利党略に一切無縁の政治家として今日までご活躍されています。

日 時:8月1日(土)17:00~19:00
場 所:むすびの里「士卒復覚塾」
参加費:無料
懇親会:19:00~21:00 飲食含めて3,000円
宿泊される方は朝食付きで2,000円(仲間は1,000円)頂きます。

『荒谷流武道教室』

日 時:8月1日(土)14:00~16:00
場 所:むすびの里「韴霊武道場」
参加費:2,000円(門人は無料)
風 呂:稽古後「むすびの湯」(露天風呂)に入浴できます。
武道経験がない方でも参加できます。道着がない方は動きやすい服装でご参加ください。木剣は貸し出します。

お申し込みはこちらのフォームにご記入の上送信してください。

【第16回むすびの里勉強会及び荒谷流武道教室終講】

30名を超える方達に参加していただき、第16回むすびの里勉強会が開催されました。
日本書紀1300年を記念して、三石さんによる「熊野信仰の歴史と風土」というテーマでお話頂き、改めて熊野の魅力を認識できました。
仲間の皆様には、講義の内容をすべて動画でアップしますのでご覧ください。

武道教室にも多くの方が参加いただきました。
今回は、「攻防一体」「陰陽一体」について稽古しました。

【仲間の紹介】大島育子さん

『大島育子』さん

むすびの里、村の在り方 私の理想です。生命保険会社勤務。土に学び、土に還す、土と関わる所にふれていたいです。小学生の頃から五右衛門風呂、田んぼ、土間のある中で暮らしていました。こちらでそれを実践したいです。

【仲間の紹介】松嵜恵子さん

『松嵜恵子』さん

”ざっきー”と呼んでください。旧姓が松嵜(まつざき)でざっきーです。大阪生まれ、横浜育ち。
現在は金融機関で人材開発の仕事をしています。これまで国内外で営業、海外子会社の立ち上げ、グループ子会社の社外監査役などの経験があります。

体を動かすことやスポーツが大好きです!好き嫌いもありません。元気なこどもたちと一緒に過ごすのが何よりの楽しみです。男の子二人と主人の4人家族です。

【仲間の紹介】鈴木三穂子さん

『鈴木三穂子』さん

アドラー心理学をベースにした心理カウンセリング、数秘術、カラーセラピー、タロット占いなど、対人援助職を使命とし、禅の修業中です。38歳で夫を亡くしてからシングルマザーとしてがんばってきました。昨年息子(29歳)が結婚し、還暦を迎えたこともあり、得度しまして、慧嘉(けいか)という法名をいただきました。

【仲間の紹介】吉原千咲さん

『吉原千咲』さん

長年、夫婦の会話は政治経済でしたが、イシキカイカク大学で矢作直樹先生に學んでから抵抗感無く見えない世界が受け入れられる様になり、
私の波動を上げるコツはSMAP動画か、大泉洋動画を観る事です(笑)。
インターネットサービスプロバイダで働いていた経験からITに抵抗が無く、コロちゃん期間に尊敬する先生方のオンラインサロンの立ち上げに関わるなどのご縁がありました。
里ではしっかり大地に繋がる感覚がありますし、親父殿の一言が羅針盤の様になるので、あまり間を開けずに通いたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します!